アプリコ公演情報

アプリコお昼のピアノ
10周年記念ガラ・コンサート

2018 12/09 (日)

公演(公演情報)_施設_アプリコ


今年度、平日お昼の無料開催で好評を頂いている当コンサートは10周年を迎えました。
今回は過去の出演者の中から飛躍的な成長を遂げている5名と、大田区出身のピアニスト 三浦友理枝さんを迎えたスペシャル企画として、ピアノの魅力をたっぷりとお届けいたします。

会 場 大田区民ホール・アプリコ 大ホール

開 演
(開場)
14:00(13:15)
出 演 三浦友理枝
後藤正孝(Vol,12出演)、實川 風(Vol.14出演)
中村芙悠子(Vol.20出演)、尾崎未空(Vol.31出演)
中桐 望(Vol.42出演)
曲 目
前半:私のお気に入りの曲(ソロ演奏)
   ※当日発表(予定)
後半:【2台ピアノが奏でる宇宙】
   モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ
          ニ長調 K.448より 第一楽章(尾崎&中村)
   ドビュッシー:小組曲(2台ピアノ版)(三浦&中桐)
   ラフマニノフ:組曲より「序曲」「タランテラ」(實川&後藤)

チケット情報

オンラインチケット購入

チケット発売日:7月11日(水)10:00~
チケットの購入方法についてはこちらをご覧ください。

料金(税込)

  全席指定 1,500円(オンライン価格:1,420円)
  ※4歳以上入場可

出演者プロフィール

三浦友理枝/みうらゆりえ


  2001年に英国王立音楽院に入学。05年同音楽院大学課程を首席で卒業。07年同音楽院・修士課程を首席で修了。01年「第47回マリア・カナルス国際音楽コンクール」ピアノ部門第1位、および金メダル、最年少ファイナリスト賞、カルロス・セブロ特別メダル賞を受賞。06年には「第15回リーズ国際ピアノコンクール」にて特別賞を受賞。これまでに、東京フィル、読売日響、東響、日本フィル、東京シティ・フィル、群響、大阪フィル、日本センチュリー響、大阪響、京響、名フィル、札響、広響、九響、仙台フィル、山響、シンフォニア・ヴァルソヴィア、カイロ響など国内外の主要オーケストラと多数共演。また「東京・春・音楽祭」「ラ・フォル・ジュルネ」「仙台クラシックフェスティバル」「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」等の音楽祭にも数多く招かれている。05年、エイベックス・クラシックスよりCDデビュー。「ショパン:24のプレリュード」(2010年リリース)、「ミニアチュアーズ」(2014年リリース)は「レコード芸術」(音楽之友社)で特選盤に選ばれる。 18年5月、6枚目のソロ・アルバムをリリース。 16年、第26回新日鉄住金音楽賞〈フレッシュアーティスト賞〉を受賞。
オフィシャルウェブサイト www.yuriemiura.net

後藤正孝/ごとうまさたか


  1985年愛知県出身。4歳からピアノを始める。2011年4月オランダ・ユトレヒトで開催された第9回フランツ・リスト国際ピアノコンクールにおいて審査員満場一致で第一位、併せて聴衆賞を受賞する。審査員長ルーカス・ヴィス氏は「音楽の伝統を守った若きサムライ」と絶賛した。優勝後、コンセルトヘボウにおいてヤープ・ヴァン・ズヴェーデン指揮、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団と共演したのを皮切りに、国内外20カ国以上に招かれコンサートツアーを行う。これまでに、ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第8回東京音楽コンクール第2位、エンニオ・ポリーノ国際ピアノコンクール(イタリア)第1位など、数々の国際コンクールにおいて入賞し、国内外においてリサイタル、室内楽やオーケストラ共演など、幅広い活動をしている。川崎市アゼリア輝賞、愛知県芸術文化選奨新人賞受賞。これまでの音楽活動に対して2011年には安城市民栄誉賞、川崎市音楽特別賞を受賞した。 昭和音楽大学卒業、同大学院修了。江口文子氏に師事。昭和音楽大学講師。

實川 風/じつかわかおる


  2015年10月フランス・パリで行われたロン=ティボー=クレスパン国際コンクールにて1位なしの第3位を受賞、併せて最優秀「リサイタル賞」及び「新曲賞」を受賞した。2016年12月にはイタリアで開催された第7回カラーリオ国際ピアノ・コンクールで優勝。千葉県出身。東京藝術大学音楽学部首席卒業、同大学院修士課程修了。2007年ショパン国際コンクールin ASIA一般部門金賞、2008年名古屋国際音楽コンクール第1位、併せて聴衆賞・ビクター賞・名フィル賞を受賞。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第3位他。国内外でのコンサート活動や音楽祭参加に加えてテレビ・ラジオの出演も数多い。2015年ヨーロッパ・デビュー。これまでに山田千代子、御木本澄子、多美智子、江口玲の各氏に師事。2016年“The Debut”のタイトルでCDデビュー、2017年7月にはアルバム”PlaysChopin”がアールアンフィニ(ソニーミュージック/ミューズ)よりリリースされている。現在はオーストリア・グラーツ国立芸術大学ポストグラデュエート課程在籍マルクス・シルマー氏に師事している。この留学生活を綴ったエッセイが「月刊ショパン」にて連載中。
實川風公式ホームページ http://kaoru-jitsukawa.net
實川風後援会ホームページ http://infojitsukawakaoru.wix.com/jitsukawakoenkai

中村芙悠子/なかむらふみこ


  6歳よりピアノを始める。 昭和音楽大学器楽学科ピアノ演奏家コースを、特別賞を得て卒業し第85回読売新人演奏会に出演。現在ベルリン芸術大学マスター課程にてMi-Joo・Lee氏に師事。これまでに、ヤマハ ピアノ演奏研究コース、昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミーに在籍、江口文子、多美智子、大友聖子、佐藤俊、奈良希愛、秦はるひ、の各氏に師事。国際台北ショパンコンクール青少年の部ファイナリスト、第14回日本モーツァルト音楽コンクールピアノ部門第2位受賞、ピティナ・ピアノコンペティション第4回福田靖子賞選考会優秀賞(第2位)受賞、ショパン国際ピアノコンクールin AsiaコンチェルトC部門アジア大会金賞受賞、第8回東京音楽コンクールピアノ部門第3位受賞、ハノイ国際ピアノコンクール第2位受賞、ショパン国際ピアノコンクールin Asia一般部門アジア大会金賞ならびにソリスト賞受賞。2016年8月 ビクターエンタテインメントよりデビューCD「ピアノ愛奏曲集」をリリース。A.スコチッチ氏等と室内楽を、日本フィルハーモニー交響楽団、国立台湾交響楽団、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団、ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演する。これまでにクレムリン音楽祭(ロシア)、ムジカ・ムンディ室内楽研修会&音楽祭(ベルギー)、FACP(アジア文化交流促進連盟)カンファレンス(フィリピン)、ソウル国際音楽祭2013(韓国)、2018年ミラノサローネ「Crystal Rain」等に出演。

尾崎未空/おざきみそら


  2016年第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、文部科学大臣賞受賞。 ショパン国際ピアノコンクールin ASIA では 07 年以来5回にわたり入賞。09 年第14 回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位及びモスト・プロミシング・アーティスト 受賞。10 年第34回ピティナピアノコンペティションJr.G 級金賞、いしかわミュージックアカデミー(ピアノ)IMA 音楽賞受賞。11 年第5回福田靖子賞選考会優秀賞受賞。12 年第8回モスクワ・ショパン国際青少年コンクール(ロシア)第3位及び 最優秀小品演奏特別賞受賞。14年「第14回ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」(イスラエル)セミファイナリスト。16 年浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位。 09 年めぐろパーシモンホールにてリサイタル、10年水戸・佐川文庫にてリサイタルを開催。これまでにリトアニア国立交響楽団、ミネソタ管弦楽団、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団、ポ-ランド・シレジア管弦楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団等と共演する。第8回千葉市芸術文化新人賞受賞。オーストリア、ポーランドをはじめ国内外で多くの演奏会に出演。 2017年3月、キングレコードよりデビューCDをリリース。5月には浜離宮朝日ホールにてリサイタルを開催した。 昭和音楽大学卒業。現在、昭和音楽大学大学院音楽研究科修士課程音楽芸術表現専攻、同附属ピアノアートアカデミー在籍。江口文子氏に師事。

中桐 望/なかぎりのぞみ


  岡山県に生まれ、3歳よりピアノを始める。 東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を首席で卒業。同大学院修士課程を首席で修了。 第17回吹田音楽コンクール第1位。第78回日本音楽コンクール第2位。第3回ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノ・コンクール(ウィーン)第2位、併せてコンクール委嘱新曲課題曲の最優秀演奏者に贈られるSonja Huber賞受賞。第58回マリア・カナルス国際音楽コンクール(スペイン・バルセロナ)第2位、併せて聴衆賞受賞。第8回浜松国際ピアノコンクールでは歴代日本人最高位となる第2位入賞。第15回グリーグ国際ピアノコンクール(ノルウェー・ベルゲン) セミファイナリスト、併せてAAF(アーリンク・アルゲリッチ財団)賞を受賞。2014年秋より、ロームミュージックファンデーション奨学生としてポーランドで研鑽を積み、2015年1月にはデビューCD『ショパン&ラフマニノフ』(オクタヴィアレコード)をリリース。アルバム発売記念として東京・名古屋・大阪・岡山などでリサイタルツアーを行い、オール・ショパンプログラムの演奏が高く評価され、2015年度日本ショパン協会賞を受賞。
中桐望公式ウェブサイト www.nakagirinozomi.com