• 大田区立龍子記念館

    大田区立龍子記念館の画像
  • 龍子公園(アトリエ)

    龍子公園(アトリエ)の画像
  • 龍子公園(旧宅)

    龍子公園(旧宅)の画像
  • 龍子記念館(展示室)

    龍子記念館(展示室)の画像

龍子記念館とはのタイトル画像

龍子記念館は、近代日本画の巨匠と称される川端龍子(1885-1966)によって、文化勲章受章と喜寿とを記念して1963年に設立されました。当初から運営を行ってきた社団法人青龍社の解散にともない、1991年から大田区立龍子記念館としてその事業を引き継いでいます。
当館では、大正初期から戦後にかけての約120点あまりの龍子作品を所蔵し、多角的な視点から龍子の画業を紹介しています。展示室では、大画面に描いた迫力のある作品群をお楽しみいただけます。

龍子記念館の向かいの龍子公園には、旧宅とアトリエが保存されており、画家の生活の息づかいが今も伝わってきます。

川端龍子(かわばた りゅうし)の画像
川端龍子(かわばた りゅうし)

展示室の画像
展示室

龍子愛用の画材の画像01
龍子愛用の画材

龍子愛用の画材の画像02

川龍子略年譜のタイトル画像

1885(明治 18) 和歌山市に生まれる。
1895(明治 28) 家族とともに上京。初め浅草 日本橋で育つ。
1904(明治 37) 白馬会、太平洋画会で洋画を学ぶ。
1913(大正 2) 渡米。帰国後、日本画に転向。
1915(大正 4) 第2回日本美術院展初入選。
1916(大正 5) 第3回院展、樗牛賞受賞。
1917(大正 6) 第4回院展入選。日本美術院同人に推挙される。
1920(大正 9) 新井宿に住居と画室を新築。
1928(昭和 3) 日本美術院同人を辞退。
1929(昭和 4) 青龍社樹立宣言。第1回展開催。
1959(昭和 34) 文化勲章を受章。
1963(昭和 38) 龍子記念館開館。
1966(昭和 41) 4月10日に80歳で死去。