アプリコ公演情報

小曽根真 No Name Horses Quintet

2019 08/03 (土)

公演(公演情報)_施設_アプリコ

小曽根真が、No Name Horsesのメンバーを率いて、5年振りにアプリコに登場!
今回のJAZZはクインテット。ワールドワイドに活躍する、
腕利きのトップミュージシャンによるジャズ・セッションをお聴き逃しなく!
会 場 大田区民ホール・アプリコ 大ホール
開 演
(開場)
17:00 (16:15)
出 演 小曽根 真(ピアノ)
エリック宮城(トランペット)
中川英二郎(トロンボーン)
中村健吾(ベース)
高橋信之介(ドラムス)

チケット情報

オンラインチケット購入

4月17日(水)10:00~
チケットの購入方法についてはこちらをご覧ください。

料金(税込)

全席指定 ※未就学児不可
 S席:5,500円(オンライン価格 5,220円)
 A席:4,500円(オンライン価格 4,270円)
 25歳以下:2,000円(オンライン価格 1,900円)

プレイガイド情報

チケットぴあ

チケットぴあこのマークのある公演はぴあでチケットをお申し込みいただけます。
(一部携帯電話とPHSはご利用いただくことが出来ません。)

Pコード:144-311

出演者プロフィール

小曽根 真(ピアノ) Makoto OZONE, Piano


©大杉隼平



1983年バークリー音大ジャズ作・編曲科を首席で卒業。同年米CBSと日本人初のレコード専属契約を結び、アルバム「OZONE」で全世界デビュー。ソロ・ライブをはじめゲイリー・バートン、ブランフォード・マルサリス、パキート・デリベラなど世界的なトッププレイヤーとの共演や、自身のビッグ・バンド「No Name Horses」を率いるなど、ジャズの最前線で活躍を続けている。また、クラシックにも本格的に取り組み、NYフィル、サンフランシスコ響等、国内外の主要オーケストラと、モーツァルト、ラフマニノフ、プロコフィエフなどの協奏曲の演奏でも大きな注目を集める。2016年には、チック・コリアとの日本で初の全国デュオ・ツアーを成功させ、17年にはゲイリー・バートンの引退記念となる日本ツアーを催行。秋には10年ぶりに小曽根真THE TRIOを再結成し、アルバム「ディメンションズ」をリリース。また、11月には再びニューヨーク・フィルに招かれ、‘バーンスタイン生誕100年祭’に出演。アラン・ギルバートの指揮のもと、「不安の時代」とガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」を3日連続で熱演し、リンカーン・センターの満場の聴衆から大喝采を受けた。このライブ録音は小曽根真の初のクラシックアルバムとしてリリースを果たす。2018年12月にはパリで開催された「ジャポニスム2018」に「小曽根真 feat. No Hame Horses」が招かれ、2日間にわたり大成功を収めた。2018年(平成30年)紫綬褒章受章。
オフィシャル・サイト http://makotoozone.com/

エリック宮城(トランペット) Eric MIYASHIRO, Trumpet


©大杉隼平



ハワイ出身。バークリー音楽大学卒業。22歳でBuddy Rich、Woody Herman等のビッグバンドにリードトランペッターとして招かれる。1997年日本国内最高のメンバーを集め “EM Band"を自ら結成。日本を代表する数多くの録音に参加している。
http://www.ericmiyashiro.com/

中川英二郎(トロンボーン) Eijiro NAKAGAWA, Trombone


©大杉隼平



東京芸大付属高校在学中に、初リーダー作をNYで録音。以降、ビッグアーティストとの共演や映画、CM、TV(NHK連続テレビ小説「瞳」)など多くの録音でも知られる。近年は、世界的トロンボーン奏者と結成したカルテット「スライドモンスターズ」のツアーやオーケストラとの共演などジャンルを超えて躍進中。
http://www.eijiro.net/

中村健吾(ベース) Kengo NAKAMURA, Bass


©大杉隼平



バークリー音楽大学卒業後、ニューヨークを拠点に活動し、1997年、ウイントン・マルサリスが音楽監督を務めるリンカーンセンター・ジャズ・オーケストラに参加。マルサリス・カルテット、サイラス・チェスナット・トリオ、渡辺貞夫カルテットなどで活躍した。2018年9枚目のリーダーアルバム「Scandinavia」(78 Label) をリリース。www.kengonakamura.com

高橋信之介(ドラムス) Shinnosuke TAKAHASHI, Drums


©大杉隼平



洗足学園短期大学ジャズコース在学中にプロデビューし、山下洋輔(p)、辛島文雄(p)、伊藤君子(vo)等のバンドで演奏。初リーダーアルバム「Rumination」をリリースした後、ニューヨークに活動の拠点を移しEric Lewis(p) Marcus Printup(Tp) Don Friedman(p)、Lew Tabackin(sax,flute)、秋吉敏子(p)、Eric Person(sax)のバンド等で活躍。

出演者からのメッセージ

準備中