menu

  • 標準
  • 拡大
フリーワード 検索

お知らせ&トピックス

【ご案内】6月2日(火)から熊谷恒子記念館を再開します。 

2020/05/28展示(お知らせ&トピックス)_施設_熊谷恒子記念館

大田区立熊谷恒子記念館 かなの美展再開のご案内

かなの美展「恒子が書く 日本古典文学の世界」
会期:2020年6月2日(火)~10月11日(日)
※6月2日から新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の対策を講じた上、熊谷恒子記念館は再開します。
※今後の新型コロナウイルス感染症の状況により、会期を変更する場合があります。

■展示内容の紹介
 書家・熊谷恒子(1893-1986)は、日本の古典文学を学び、かなで書いた作品を多く残しています。本展では、日本最古の物語を書家草創期に書した《竹取物語》(1934年頃)や、女性書家として尊敬した紫式部筆『源氏物語』の《梅ヶ枝》(1941年頃)などを展示します。恒子が平安時代のかなに習って書いた日本古典文学の世界をお楽しみください。 

かなの美展「恒子が書く 日本古典文学の世界」 チラシ


熊谷恒子《竹取物語》(部分)1934年頃 大田区立熊谷恒子記念館所蔵

■展示情報
会期 2020年6月2日(火)~10月11日(日)
※10月11日(日)まで会期を延長して開催します。
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日(8月10日(月・祝)、9月21日(月・祝)、9月22日(火・祝)は開館し、8月11日(火)、9月23日(水)は休館します。)
入館料 大人:100円 小人:50円
※65歳以上(要証明書類)、6歳未満は無料。
ギャラリートーク及び庭園案内 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当面の間、中止します。
会場 大田区立熊谷恒子記念館